岡田美術館

岡田美術館 外観

[建物外観と壁画] 壁画:福井江太郎作「風・刻(かぜ・とき)」

岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、当社取締役会長である岡田和生が蒐集した日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約450点展示しています。御観覧後は、源泉かけ流しの足湯カフェや、庭園散策をお楽しみいただけます。

日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。箱根という国際的な観光地で本格的な美術館を運営することによって、日本とアジアの文化を世界に発信するとともに、箱根の観光産業に貢献し、周辺の文化施設や宿泊施設との連携も含め、地域の活性化及び発展に協力できるよう努めて参ります。

岡田美術館

  • 岡田美術館
  • 経験者採用スペシャルコンテンツ