沿革

ユニバーサルリース株式会社

1969年12月 ジュークボックスのリース業を目的として設立
1970年7月 遊技機の製造を開始
1971年10月 社名変更

株式会社ユニバーサル

  1973年6月 販売部門が分離独立

ユニバーサル技研株式会社

 
  1975年5月 社名変更

ユニバーサル販売株式会社

 
1975年9月 栃木県小山市に新工場を建設、各種ゲームマシンの製造を開始
      1979年12月 開発部門が分離独立

ユニバーサルテクノス株式会社

1980年3月 栃木県小山市に新工場を建設(小山第二工場)、風俗営業業界の回胴マシンへ進出
1988年4月 鳥取県米子市に工場を取得し、アミューズメント機の生産を開始
1993年4月 株式会社ユニバーサルとユニバーサル販売株式会社が合併
1998年4月 東京有明に本社移転
ユニバーサルテクノス株式会社とユニバーサル販売株式会社が合併し、アルゼ株式会社に社名を変更

アルゼ株式会社

1998年 9月 株式を店頭公開
1999年 8月 千葉県四街道市に新工場を建設(現パチスロ・パチンコ遊技機製造工場)
2000年 10月 ARUZE USA, Inc.(現連結子会社)の株式取得
ARUZE USA, Inc.がValvino Lamore, LLCへ出資
2002年 9月 Valvino Lamore, LLCの全保有株式をWynn Resorts, Limitedへ現物出資
2004年 6月 米国ネバダ州におけるゲーミング機器製造者ライセンス取得(2年間の期限付)
12月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年 3月 米国ネバダ州ゲーミングコミッションが、Wynn Resorts, Limitedの100%子会社であるWynn Las Vegas, LLCのカジノ運営ライセンスおよび、当社がWynn ResortsLimitedの株主として適格性を有していることを承認
4月 Wynn Las Vegasがオープン
2006年 7月 米国ネバダ州におけるゲーミング機器製造者ライセンス取得(無期限更新可能)
9月 Wynn Macauがオープン
2008年 6月 委員会設置会社へ移行
8月 フィリピンにおいてカジノリゾートを運営するためのプロビジョナルライセンスを取得
12月 Encore at Wynn Las Vegasがオープン
2009年 11月 社名変更

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

2010年 3月 フィリピンにおいて、当社グループのカジノプロジェクト「マニラ ベイ リゾーツ」が経済特区認定を受けるとともに、カジノ事業の外資規制も解除
4月 Encore at Wynn Macau がオープン
大阪証券取引所とジャスダック証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
6月 監査役会設置会社へ移行
2012年 1月 マニラベイリゾーツプロジェクト着工式を開催
2013年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
10月 箱根に岡田美術館を開設
2014年 6月 中国国立劉海粟美術館と岡田美術館が姉妹提携
2016年 4月 サミー株式会社と合弁会社「株式会社ZEEG」設立
7月 フィリピンにおけるカジノリゾートプロジェクトの正式名称を「OKADA MANILA®」に決定